広告を扱う立場として・・・

平成30年6月に医療法が改正され、医療機関のウェブサイトも医療法の広告規制の対象となりました。今後は、医療機関のウェブサイトに禁止事項に違反した表現があれば、行政指導や罰則の対象となります。
仕事上、広告を扱うので法改正やガイドラインはチェックしていますが、趣旨や内容を完璧に理解するは難しいなと日々感じています。
今日は、自分の備忘もかねて、医療機関の広告で気を付けなければいけないことをまとめておこうと思います。

ビフォア、アフターの写真掲載はNG
施術の効果を謳うために、患者さんの写真を掲載しているクリニックがあります。
しかし、いわゆるビフォア・アフター写真や治療後のイラスト掲載は、すべての方に効果を保証することはできませんので、原則として禁止とされています。
治療をして、回復したイメージを想起させるイラストなどもNGです。

つい、やりたくなってしまいますよね、これ。
しかし、たとえ患者さんから掲載の許可を得ていたとしても、載せることは原則としてできません。

ただし、院内の風景や設備の写真、またスタッフの写真などは掲載することが可能です。
気を付けたいのは、設備等の写真は自身の院内の写真が掲載可能となります。
イメージ写真は、患者にその病院の風景と混同させてしまう可能性があるので、NGとされています。

口コミや体験談の掲載も広告掲載の規制を受ける
特定の医療機関に誘引性がある体験談は広告規制の対象となります。
ですので、患者が特定の医療機関の内容や、効果に関する記載がある場合、ウェブサイトなどに掲載ことはできません。
仮に医療機関が依頼して行われたものではないとしても、事後的に運営費を負担するなどの場合も、誘引性があると判断されますので、その内容は広告規制の対象となります。

これもやりたくなってしまうんですが、最近の広告の主流となっているUGC(User Generated Content=ユーザー生成コンテンツ。いわゆるSNSへの投稿や個人ブログ、口コミサイトの投稿などのことです)も、医療機関の場合広告規制の対象になり得ます。「〇〇クリニックで施術してもらったけど、全然痛くないし、跡も残らなかった」のようなお客様の声はクリニックの広告では使うことができないので、広告を作る際はいつも気を使います。

もちろん、効果や効能を謳うことはできない
医療機関の広告も、医薬品などと同じように「効果・効能」を謳うのはNGです。
また、クリニックの場合、あくまでも医療機関として処置することが前提ですので、例えば医療脱毛などのクリニックで、すべての方が施術を受けられると表現することもできません。
このあたりは、サービス業とは大きく異なるところだと思います。

ウェブサイトは、規制ができたばかりで条件によって広告できること、できないことも変わってきたりします。
今後まだまだ改正や整備がされる領域だと思いますので、私たち美容健康部会メンバーも、情報のアンテナを常に張りながら活動をしていきたいと思います。

大澤 義治

関連記事

PAGE TOP